簡単借り入れカードローン、取立は怖いのか

簡単に借り入れできたカードローン、滞納したら怖い取立てがあるのか?

かつてのような怖い取り立てはありません。なぜなら、かつて、消費者に貸し付ける限度額は各社独自の審査だったため、業者はより借りてもらいやすくするために審査基準を低くして消費者獲得を競っていました。金利も独自の判断で決められていたのです。過度な金利で返しても返しても元金が減ることも無く、借金地獄へと陥った末の取り立て行為でしたので総量規制で両者を常識の範囲内での貸借となった今、かつてのような取り立ては無いと言えるのです。

しかし、現在も未登録業者がいるのも事実です。賃金業者は、営業所在地を管轄する財務局長または都道府県知事の登録が必要となりますが、未登録業者の中には、もっともらしい社名をつけて悪質な貸し付けをする業者があるのです。消費者が登録の確認をしてから借り入れなければ、取立てが怖くないとは決して言えない状況になります。

改正賃金法で2010年6月に総量規制が導入されるまでのような悪質な金融業者がそこここにはびこっている状況ではありませんが、まったくいなくなったとはいえませんので十分に気をつけましょう。

また、総量規制が導入された背景には、悪質な金融業者から消費者を守るという目的も当然ありますが、消費者の過度な借り入れ依存をこれ以上増やさないという目的もあります。簡単に借り入れられるということは、絶対必要かどうかを考える暇を与えられることなく、お金が手に入るので、消費者は感覚が麻痺し、借り入れた返済に充てるためにまた借り入れるという悪循環に陥ります。借り入れは、返済できる目途を立ててからするのが当たり前の行動ですので、簡単に借り入れられたことへの後の不安を持つ前に、冷静に返済可能な額を借り入れることをお勧めします。

返済期日を守っている限り、何も問題は無いのです。