限度額いっぱい借りたいあなたの限度額

限度額めいっぱい借りたい!あなたの限度額は?

借り入れの限度額は、個人によってさまざまです。総量規制という制度があることはご存知でしょうか。総量規制とは、大蔵省が金融業者に向けた行政指導で、この指導が発せられた主な理由は、多重債務者を減らすためということが一つにあります。

この総量規制は、個人の収入の3分の1まで借り入れができるというもので、逆にいうと3分の1までしか借り入れができないというものです。しかしこれには、一概に収入の3分の1しか借りられないというわけではなく、銀行融資は総量規制の限度額に入りません。金融業者からの借り入れに限り3分の1ですので、銀行融資や、住宅ローン、車を購入のためのローン、緊急な医療費などはこの計算には入りません。

そして、社会通念上必要と思われるものにも総量規制は除外されるので、ギリギリまで借り入れをしたい方は詳細に調べることをおすすめします。

貸付の種類には、個人向け貸付と法人向け貸し付けがありますが、総量規制は個人向け貸付に限定されます。ですから、法人としての借り入れが必要で、かつ個人としての借り入れも必要な方は、法人にかかる借り入れの方は総量規制の心配をしなくてもいいということです。

銀行融資、法人向け貸付以外で借り入れが必要な個人の方は、ご自分の収入の3分の1を目途に借り入れを計画されるとよいでしょう。

また、カードローンはパートやアルバイト、主婦の方にも利用できる便利なものです。ご自分の限度額は、金融業者に問い合わせてみるといいですね。インターネットでも自分の情報を入れるだけで、どのくらいの融資ができるかすぐわかるシステムがありますので、利用しない手はありません。店頭で受け付けの人と話さなくていい分、ストレスも感じないので「どれくらい借りられるかな?」と思ったら 、インターネットやお電話でご確認してみてください。