カードローン利用者はどんな人たち

カードローン利用者はどんな人が多いの?

カードローン利用者は、多忙な会社員や主婦、パート、アルバイトの人たちと多種多様です。

まず、多忙な会社員の方は、銀行融資のような審査に時間がかかったり、出向いていかなければならないことは避けたいと思いますので、利用されるのです。特に会社員は安定した収入があるので、審査も問題なく通る場合が多く、急にお金が必要になった場合、次の給料日まで借り入れするということもあります。カードローンは、賃金業者だけではなく、銀行系のカードローンもありますので、昔のような銀行で借りられない人が借りるところという印象はないようです。

また、多重債務者が急増した事を発端に、消費者を守る意味からも総量規制という制度ができ、個人での借り入れは収入の3分の1までというくくりができました。これとともに、出資法と利息制限法のあいだにあったグレーゾーン金利の撤廃や出資法の上限金利の引き下げも打ち出したことによって、銀行融資のような明るいイメージとなっています。

金利は銀行融資の方がお得な場合が多いので、時間もあり審査も通りやすい方は当然お得な方を選ぶことをおすすめしますが、多忙な方やひっそりと借りてひっそりと返済したい方はカードローンをご利用さている場合が多いようです。

もちろん、ひっそりとといっても、暗いイメージではなく、こっそりスキルアップしたいとか、今月急なお祝い事が入った等、生活の身近なことで利用される方もたくさんいらっしゃいます。