カードローンのデメリット

カードローンのデメリットってなんだろう

カードローンは、審査が早く、とても便利な借り入れ方法ですが、デメリットはなんでしょうか。

少額の借り入れの方にはとても便利で、大きな額が必要な方には、金利面や個人の収入の3分の1までの借り入れが制限された総量規制という枠がある等がデメリットといえるかもしれません。

しかしこれにも借入側の状況に応じて本当にデメリットなのかメリットなのかはそれぞれです。たとえば、複数の賃金業者から借り入れをされている方なら、一本化することで多重債務から解放され、複数の会社へのそれぞれの返済日に手間暇を取られることも無くなり、複数社からの借入を一社にまとめることで、一社からの借入額が増え、借り入れ元金は同じでも、一社での借入が増えるわけですから金利が下がるということになり、結果、借金総額は減る。というメリットもでてきます。

また、返済可能日がはっきりわかっていて、急いで資金の必要な方には、早くお金が回るので仕事や生活に影響が出ることも少ないのではないでしょうか。銀行からの融資を待つ時間がないという方や、銀行の審査が通りにくい方にとっては、メリットとなるシステムですね。

借入先を銀行からでも賃金業者からでも選べる方は、金利面をよく考え、借り入れ先を検討されると良いと思います。

ちなみに銀行系カードローンは、総量規制対象外となっていますので、同じカードローンというくくりでも会社によってその質が違ことも多いです。借り入れる前に、ご自身の一番最優先することや、優先しないことなどを明確にし、一社一社あなたがふるいにかけてお決めになることをお勧めします。